もっと見る

人の顔や体の輪郭を辿っていくのが楽しい。  大きな人を描いてみたいと思っていたので、今回描いてみたらとても良かった。大きく描く前には不安も少しあったが、描いてみるとむしろこのサイズが適正なのではと思うほどにしっくりした。     顔を描くときは大体左のコメカミから始める。そのまま顎に下って右のコメカミへ。そうしたら耳を描く。耳から首筋が下りて美しい曲線を描いて肩に至る。ここまで描くと満足する。髪がいい感じに加えられるともう満腹感がある。  ただし今回、輪郭から眉毛を描き込むに至った。右のコメカミから頬を伝って下唇に入る。下唇の輪郭をなぞって上唇へ。そこからバランスを見て鼻へ跳ぶ。鼻筋をすらすらと登ったところに眉毛が伸びている。何度か同じ道程を踏んでみて眉毛の始点の位置を確かめる。描き込んだらやはり正しかったような感じだ。 人体のこのような理路整然とした印象が好きだ。